ヨガ講師を紹介します!

お客様の需要に合わせたヨガをテーマとしてご提供できるインストラクターが多数在籍してきます。

高齢者施設、子育て支援施設、公共施設でヨガを開催したい方、お試しレッスンも受け付け中!

詳しくはこちらをご覧くださいね

 

 

お問い合わせは、neriyogajimu@gmail.comまで!


ネリヨガはとっても素敵なヨガインストラクターが在籍しています。

 

例えば・・

こんなヨガレッスンが開催できますよ^^

 

☆メンタル改善(うつなど)ヨガ

☆免疫力アップヨガ

☆健康寿命アップヨガ

☆表情力アップヨガ

☆介護予防ヨガ

他たくさん。

 ぜひご相談いただければと思います。

 

ブログ:高齢者施設でのレッスン

http://ameblo.jp/nericul/entry-12283574822.html

 

 


在籍講師の声

ヨガ×医療 

 ある高齢者施設で

 

シニアヨガインストラクター小川美恵

 

 


 ヨガは身体を動かす運動を目的としておりません。

怪我をしている、大病を患っているなどの身体的な治療が必要なとき、わたしたちは医療機関に頼ります。医療機関で薬をもらっても、服用をし、治療する前向きな気持ちメンタルがなければ、身体は回復につなげることは難しく、回復するまでの時間もかかります。治療する前向きな気持ちメンタルをつける薬や医学はなく、このメンタルこそヨガでは大切にしています。

ある認知症の女性がいました。

毎週お会いするたびに認知症の症状がすこしずつ進行しています。

それでも毎週ヨガに参加してくださいます。

ある日、腰痛がひどく、歩くのもやっと、杖をつきながら、自分の部屋から歩き、ヨガの会場となるランチルームまでやってきます。

当然椅子に座っていることもつらい。

それでもヨガをしたいとその一心で自分の部屋から歩いてきました。

もし「運動」を目的とする体操なら、万が一を考え「寝ていてくださいね。危ないです」と促すでしょう。

しかし、ヨガでは「あるがままの自分を受け止める」というヨガの教えがあります。

教えに近づくためにさまざまなポーズがあるのです。

女性は座っているのもやっとの状態ではありますが、呼吸を整え、身体の動かせる部分を自分のペースで動かしてもらいました。

ヨガはそういうことなんです。

足の指先を意識する、

頭頂部分を意識する、

背中を意識する

普段意識することがない身体の一部を意識することにより、自分を大切にする、自分を尊重する気持ちが生まれます。

前向きに取り組むこころを尊重します。

前向きなこころを育みます。

いきる力、気力を支えます。

医学では解決できないコト、ヨガで解決する手助けをします。

だからこそ、今、あかちゃんからお年寄りまでヨガが必要とされているのです。


高齢者施設の方、こちらもご覧くださいね。